会社が辛くて辞めたいなと思ったら考えてほしいこと

会社が辛くて辞めたいなと思ったら考えてほしいこと

こんにちは、ルカ(@RUKAv2)です😊

この時期になると、ピシッとスーツを着た新入社員らしき人を多く見かけます。

去年もそうだったけど、そういう人たちを見ると昔の自分を思い出します。

研修に行ったり早速仕事を任されたり、会社によってやることは様々だと思います。

また、気持ち的にも「仕事楽しい!ワクワクする!」という人もいれば、「うーん…なんか違うなあ」とモヤモヤした気持ちを抱えている人もいるのではないでしょうか。

わたしは最初は楽しかったけど、だんだんとモヤモヤが大きくなっていき、半年で辞めてしまいました。

そこで今回は、わたしのように「働き始めたはいいものの、これでいいのかな?」とモヤモヤを抱えている人や「辛くて辞めたいなあ」と思っている人へ向けて思うことを書いてみたいと思います。

ちなみに、わたしは辞めましたが、「辞めたいなら辞めちゃえ」ということを言いたいわけではありません。

自分のこれからについて考える際に参考にしてみてくださいね👌

辞めるか辞めないか?迷ったらどうする?

まず、辞めるか辞めないか、どうすればいいかわからないと迷っている人に向けて書いてみます。

辞めたいなあと迷った人の場合、いろいろなケースがあると思います。

もし、何か他にやりたいことがあったのに何らかの理由で会社勤めになって、「やっぱりそっちがやりたい!」と思って辞めることを考えている人は、ぜひそっちの方向に進んでください。

そういう人は辞めて間違いないです。

成功するしない関係なく、やりたいと思っていることがあるなら、やるべきです。

もしダメだったらまた他のことを考えればいいし、やってみないことには自分自身が納得できないはずです。

だから、そういう人はやりたいことにチャレンジするために辞めていいと思います。

ただし、もしやることのために何らかの段階を踏む必要がある(お金を貯める必要がある、人脈を作る必要があるなど)なら、ちょっと考えてみた方がいいかもしれません。

その会社でもう少し働いた方が今後のやりたいことのために役に立つなら、まだ辞めない方がいいです。

では今度は、やりたいことは特にないけど「なんか違う」と感じている人はどうしたらいいのか?について考えてみます。

こういう人の場合は難しくて、もちろん働き続けても得られることもあるけど、辞めても得られるものはあると思います。

だから、その人次第ということになります。

わたしの場合は他にやりたいことが微妙にあったけど、すぐにチャレンジしたわけじゃありません。

だから、どちらかと言うとやりたい!というはっきりしたものがなく、次に進むところがない状態で辞めました。

わたしは、勤め続けて得られるものよりも、辞めた後の可能性に賭けました。

ここは本当に人それぞれなので、自分はどちらを選ぶのがいいか考えてみてください。

あとは、直感に従うのもいいと思います。

直感は、意外と自分が本当に進む方向を示してくれていることが多いです。

どうする方が自分的にスッキリするのか、ひたすら考えてみるといいです。

わたしは結構いつもこの方法で進む方向を決めてます✨

では次から、実際に半年で会社を辞めたわたしの話をベースに、辞めた場合のことについて書いてみたいと思います。

半年で辞めても大丈夫

まず、「辞めて大丈夫かな?」と思っている人へ。

辞めて大丈夫です。

もちろん人それぞれ進む方向も考えもやりたいことも違うと思いますが、半年で辞めてもいくらでも道はあります。

転職もできるし、期間が空いてしまっても再就職できるし、独立してフリーランスになることだって可能です。

いくらでも道はあると覚えておいてください👌

半年じゃなくても、数日〜数週間で辞めても楽しく生きている人もいます。

辞める際に大事なのは、勤続年数も見られるところでは見られますが、どんな考えを持って辞めるかということと、辞めたあとどうするかを真剣に考えることです。

それさえちゃんと頑張ってやれば、何日で辞めても大丈夫です。

迷惑はかけるけど、進む方向を決めるのは自分

ただ、「辞めても大丈夫」と言うと、「そんな早い期間で辞めたら会社に迷惑だ」と言う人もいます。

たしかに、迷惑はかけます。これに関しては本当に申し訳なかったなと今でも思います。

でも、辞めたいと心のどこかで思っているのに、周りの環境や他人のせいにして続けるのは違うんと思うんです。

それで我慢して続けていても、辞めたい気持ちは消えません。

迷惑をかけてしまうからと自分がやりたいことを我慢するのは、ちょっと違うのではないでしょうか。

それに、何か違うなと思いながら働いていても、きっとその気持ちは働きぶりにも現れます。

自分の人生は自分のものというのはよく聞くセリフですが、本当にその通りだと思います。

自分が楽しく生きていれば、自然とその雰囲気や気持ちは周りに伝染します。

あなたが進みたい方向を見つけたら、周りに迷惑をかけてしまうことになっても、その道を突き進みましょう。

とにかく楽しく生きてください💓

何をしていいかわからない人へ

では次に、「辞めたいけど、辞めて何すればいいかわからないよ」という人に向けて書いてみたいと思います。

わたしも同じように思ってました。

やりたいことはあったけどすぐに実行に移せるものではなくて、他にやりたいこともないなあと思って迷っていました。

でも会社では働きたくない…

そう思う人におすすめなのは、とにかくいろいろやってみることです。

それしかありません。

何かやってみないことには「これだ!」と思うものは見つからないです。

だから、もう何でもいいから行動してみましょう。

わたしもそうしました。

好きなこと、やれそうなこと、好きな働き方をベースにして考えてみるといいと思います。

例えばわたしの場合は、会社で働く時のように毎日決まった時間に決まったところに行って決まった人と仕事をするのが苦手でした。

だから、家でできる仕事や自由に働ける仕事を選ぼうと考えました。

そうして、オークションやせどり、アクセサリーや服を作って売るなど、いろいろなことを書き出しました。

その中で「これだ!」と思ったのがブログでした。

ブログを始めてみて

ルカ
わたし文章書くの好きだったんだ!!

と気がついて、そこからたまにライターの仕事をクラウドワークスなどで受注することもありました。

そうして今では書くことが仕事になり、本の出版の話が来たり、活動の幅をどんどん広げています。

最初は手当たり次第という感じでしたが、そのうちの一つが当たり、うまくいっている感じです。

はじめから何もかもがうまくいったわけではありません。

本当にいろいろ試した結果、なんとかなりました。

調べて探し続けることが近道

何かをやってみたい、でも何をやっていいかわからないと思ったら、とことん調べてみてください。

わたしは幸いにも「検索する」という癖があったので、欲しい答えにわりと早くたどり着くことができました。

自分がやりたそうな答えに近いキーワードを入れて、調べてみます。

例えばわたしなら、「家でできる仕事」「家で稼ぐ方法」「インターネットビジネス おすすめ」「物作り ネット販売」「フリーランス 仕事 何」などで調べました!

こうして調べていくと、だんだん「この仕事良さそう!」「こういう働き方いいなー」というヒントが見つかってきます。

見つかったら、やってみる。

ひたすらこの繰り返しです💡

大変かもしれませんが、ハマるものが見つかった時はとっても嬉しいです💕

何をしていいかわからない人は、調べることから始めてみてください。

何をしても生きていけるから大丈夫

わたしも会社から独立して働くようになってはじめて気がついたのですが、会社に属さないで生きている人は意外とたくさんいます。

もし辞めたとしても、いくらでも道はあります。

もちろん辞めなくても可能性は広がるし、自分次第としか言えません。

とは言っても、迷う人が多いと思うので、そのヒントになればと思って書きました。

仕事は、人生の中でかなりの割合を占めます。

そう考えると、どうせ仕事するなら楽しい方がいいと思いませんか?

妥協せずにたくさん考えて、これだ!と思える道を見つけてくださいね。

参考になれば幸いです😊

おすすめ関連記事

 icon-star 自由な働き方・パラレルキャリアを可能にする『CARRY ME』に登録&面談してきた!

  ルカのプロフィール、ブログとアフィリエイトを始めた経緯などについて

  就活でよく聞かれる「チームでの役割は?」に対する答えがまったく思い浮かばなかった。

ABOUT

ブロガー・アフィリエイターとして活動中の25歳。東京都に住むフリーランス。
2014年にアフィリエイトを始め、2016年に独立しました。アフィリエイトの素敵さ、楽しさを伝えたくてこのブログを始めました(ノ)^ω^(ヾ)
好きなことをしてゆるく楽しく生きていきたいです。
詳しいプロフィールはこちら