「アフィリエイト、まず何からやればいいの?」と思ったら試してほしい方法3つ

「アフィリエイト、まず何からやればいいの?」と思ったら試してほしい方法3つ

こんにちは、ルカ(@RUKAv2)です😊

最近、このブログからアフィリエイトやブログ運営に関するご相談をいただくことが多く、嬉しく思います。

そんなご相談・ご質問の中で、「これは他の人も気になるかも…」と思うものがあったので、今回紹介したいと思います。

アフィリエイトをこれから始めようと思った場合、「まず何からやればいいの?」と疑問に思う方は多いと思います。

全体を見れば、やることはたくさんあります。ブログやサイトを作ったり、記事を書いたり、ASPに登録したり。

ただ、その中で、もっと具体的な手順について迷うことがあると思います。

例えば、記事を書いてから、広告を探して貼るのか。それとも、広告を探して、それについて記事を書くのか。

たしかに、これは迷うよなあと思ったので、説明することにしました。

「どんな手順でアフィリエイトをやっていけばいいの?」と迷った方は、ぜひ読んでみてくださいね✋

アフィリエイトの始め方に関して、ステップごとにトップページにまとめています。さらに詳しい手順ややるべきことを知りたい方は、そちらもぜひ参考にしてみてください。

 

アフィリエイトのやり方はいろいろある

アフィリエイトのやり方は、いろいろあります。

どのような方針でやるか、どんなブログ・サイトでどんな商品を紹介するかによって、だいぶ変わってきます。

もっと言えば個人個人で違ってくるのですべてのパターンを洗い出すことはできませんが、ここでは代表的な3つのパターンを紹介したいと思います✨

まずは自分ができそうなものをやってみて、感覚を掴んでいってください。

何事も、実際に自分でやってみないことには結果は返ってきません。

見よう見まねでいいので、ぜひどれかのパターンを試してみてくださいね✋

 

アフィリエイトの手順3パターン

アフィリエイトの手順は、ざっくり言って3パターンあります。

  1. 商品を選んで記事を書く
  2. 身の回りにある商品の広告を探して記事を書く
  3. 記事を書いて広告を貼る

それぞれ説明していきます。

商品を選んで記事を書く

多いのが、商品を選んでから、その商品について記事を書く方法です。

具体的には、ASPで良さそうな商品を選んで、その商品について詳細な記事を書くことになります。

ここでもまた2通りの方法があります。

一つは、「ASPで良さそうな商品を選ぶ→自分で購入する→レビュー記事を書く」です。

もう一つは、「ASPで良さそうな商品を選ぶ→詳細な情報を調べる→情報をまとめる(比較するのも◎)」です。

わたしは前者の方が好きなので、紹介する商品は全部自分で購入するようにしていますが、情報を調べてまとめて比較したサイト作っている人も多いです。

自分で購入してレビュー記事を書く場合は、写真を撮ったり感想を多く盛り込んだりして記事を書くとリアリティがあって良いです💕

情報を調べてまとめる場合は、他の商品と何が違うのか、何が良くて何が劣るのか、ユーザー目線で求められる情報を考えて書いてみてください。

身の回りにある商品の広告を探して記事を書く

初心者の方におすすめなのが、この方法です!

先ほど紹介したやり方は、商品を選んでから記事を書くというものでした。

でも、すでに自分の持っているものや身の回りにあるもので魅力的な商品があれば、それについて書くことをおすすめします。

購入するお金も節約できますし、もともと好きなものなので熱を入れて書くことができます。

特にこの熱・温度的なものは文章を通して読者に伝わるので、なんとも思っていない商品を紹介するよりずっと書きやすく、説得力も高まるために売れやすくもなります。

「これすごくいい!」と純粋に思ったものって、どうして良いと思うか、何が良いか、他より何が優れているかなどスラスラ説明できますよね😊

もちろん、その商品の広告がASPになければ紹介はできませんが、意外と見つかることが多いです。

わたしも今まで何度か

ルカ
この商品はさすがに広告ないだろうなあ…

と思ってダメ元でASPで検索してみて、

ルカ
え!!あった!!(歓喜)

ということがありました✨

いつも使っているものやお気に入りのものがあれば、商品名や会社名でASPで検索して、レビュー記事を書いてみてください!

記事を書いて広告を貼る

これはちょっとコツが必要ですが、慣れればとっても有用な方法です。

先ほど紹介した2つの方法は、商品を軸にして記事を書く(サイトを作る)というものでした。

それに対してこの方法は、記事を書いてからそれに合った広告を探して貼るというものです。

具体的な例を出して説明します。

例えば、「乾燥肌」について悩んでいる人に向けて記事を書くとします。

乾燥肌で悩む人は、当然「乾燥肌を改善する方法」を探しているので、それに沿った内容を書きます。

あなた自身が乾燥肌で悩んでいることを想像してみてください。

乾燥肌で悩んでいて、それを改善する方法が書いてある記事を読むとします。

その記事の中で「乾燥肌に効く化粧水」や「乾燥肌に効くサプリメント」などが紹介されていたら、気になりませんか?

さらに使う前と使った後のビフォーアフターなどがあって、「本当に良くなるかも」と思ったら、きっと買いたくなるはずです。

そうして広告をクリック→購入へと繋がるわけです。

まとめると、こんな感じです👇

  1. 悩み解決の記事を書く
  2. 記事を読む人が求める商品を考える
  3. 商品の広告を探して貼る

悩み解決系の記事で検索上位に上がってきてるものがあれば、合いそうな広告を探して貼ってみてください。

読者の悩みや思考とマッチしていれば、商品が売れる可能性があります✨

「商品軸で記事を書くのは苦手」という人はぜひやってみてください!

 

まとめ

以上、アフィリエイトの手順3パターンを紹介しました。

質問された時、「たしかに、最初の頃はわたしも悩んだよなあ」と思い出しました。

ASPから広告を探すのが先か、記事を書くのが先か、とにかく何からやるのが正解なのかわからなくなってしまうものだと思います。

わたしはそれがわからずにがむしゃらにやったのでだいぶ遠回りしましたが、その分同じような悩みに直面した人の力にはなれると思います。

微力かもしれませんが、少しでもお役に立てれば幸いです😊

 

ABOUT

ブロガー・アフィリエイターとして活動中の25歳。東京都に住むフリーランス。
2014年にアフィリエイトを始め、2016年に独立しました。アフィリエイトの素敵さ、楽しさを伝えたくてこのブログを始めました(ノ)^ω^(ヾ)
好きなことをして楽しく生きていきたいです。
詳しいプロフィールはこちら