こだわりが強すぎるとブログ記事が書けなくなる

月10万円稼ぎたい人がこれだけ見ればわかるようにと始めたまとめ記事ですが、最後の記事を書く前に(収益アップのコツのやつ)なんと力尽きてしまいました。

「次も楽しみにしてます!」と待っていてくれる人もいるし、あー早く書かないとって思ってたのですが、そう思えば思うほど頑張らないとという気持ちが強くなり、だんだん書けなくなっていました。

そこで思ったのは、こだわりが強すぎると記事が書けなくなるということです。

最初の頃は(アフィリエイト初めて1年目くらい)書くことが楽しくて仕方なかったのに、いつのまにか義務化して、こだわりが強くなって記事を書くハードルが高くなって苦しくなっていました。

その気持ちが最近だんだん大きくなり、迷走していました。

記事を書くことが何より大事

記事を書くことが一番大事なのに、それを忘れてデザインにこだわったり、画像やイラストにこだわったり、ブランディング的なことにこだわったりしていました。

これがわたしの失敗でした。ブログでもアフィリエイトでも、記事を書き続けることが最優先です。他のことにこだわり始めるとキリがありません。

わたしが何か調べ物をしてブログやサイトにたどり着いて記事を読む時も、デザインや画像は二の次です。まずは書いてあること・情報に注目します。

そういうのもわかっていたはずなのに、だんだんわたしは道を逸れてしまっていました。寄り道してお花摘んで楽しんでたみたいな、そういう感じです。

こだわりが強すぎると、記事を書くことから遠ざかって、結果的にゴールに向かうことができなくなってしまうのだと気がつきました。

最初から欲張らない

アフィリエイトをこれからやる人は、すでに完成しているアフィリエイトサイトやブログを見て「すごい!!こんなのどうやったら作れるんだろう?」と思うくらいの完成度の高いものに出会うかもしれません。わたしもたくさん出会いました。

そうすると、自分もああいうのを作ってみたい!と思って完成度の高いサイト作りをしようとしてしまいます。それが良くないのです。

もちろん作れるならいいのですが、たいていのアフィリエイト初心者は最初から完成度が高いサイトを作ることはできません。それはなかなか難しいです。文章も画像もデザインもあれもこれもとやっていると、疲れて肝心の記事を書く気が失せてしまいます…

わたしも、今回そうなりました。すごい人をたくさん見て、あれもこれもと欲張りすぎて、記事を書くことがおろそかになりました。

最初は高望みせず、こだわりも持たず、淡々と記事を書く作業を続けていくのが成功への近道だと思います。このブログでも何度か言ってきましたが、記事を書かないことには何も始まらないのです。

こだわりを捨てるためにわたしがやめたこと

こだわりを捨てるために、まずはフォントを変えるのをやめてみました。ナビゲーションや見出しなどはフォントを変えたままにしましたが、それ以外はすべてメイリオという読みやすい標準のフォントにしました。

「フォント変えたりいろいろする前に、もっとやることあったでしょ!」という自分への戒め的な感じです。本当その通りだなと思います。あと、絵文字を使うのもめんどくさくなってきました。

これからはあまりこだわりを持たず、ゆるく気楽に淡々と記事を書いていこうと思います。

 

P.S.今回の結論に至ったのは、パシさんのアフィリエイト野郎のブログの『量より質』『質より量』の問題を読んだことがきっかけです。気がつけて本当よかったです。ありがとうございます。

ABOUT

ブロガー・アフィリエイターとして活動中の25歳。東京都に住むフリーランス。
2014年にアフィリエイトを始め、2016年に独立しました。アフィリエイトの素敵さ、楽しさを伝えたくてこのブログを始めました(ノ)^ω^(ヾ)
好きなことをして楽しく生きていきたいです。
詳しいプロフィールはこちら