アフィリエイトで結果が出る記事数の目安とは?

アフィリエイトで結果が出る記事数の目安とは?

「アフィリエイトで結果を出すには、何記事書けばいいですか?」というのは、よく聞かれる質問のうちの一つです。

わたしは計10くらいのサイトを作ってきましたが、中途半端になったものもあります。それも含め、だいたいどれくらいの記事数でどの程度の結果が出るのか、書いてみたいと思います。

記事数は絶対的な目安にはならない

と、その前に、記事数は絶対的な目安にはなりません。

「成果を上げる」の意味は人によって違うと思うので、ここでは「いくらかの報酬を出す」こととして話を進めます。

記事数は、成果・報酬とは比例しません。50記事で結構な額を稼ぐ人もいれば、100記事を超えてようやく初報酬を得る人、得られない人など様々です。

ですが、内容のあるオリジナルの記事で、1000〜2000文字前後を書き続けていれば、大なり小なりある程度の成果は上げられるでしょう。

人それぞれ書く内容も書き方もボリュームも構成も、すべてのことが異なります。

こうしたことを踏まえて、あくまでもこれはわたしの場合だということを前提として参考にしてみてくださいね!

記事数に対する結果の目安

わたしが今まで運営してきたサイトに関しては、以下のような感じの結果です。

  • 10〜50記事:1ヶ月に0〜5件の成果発生。
  • 50〜100記事:1ヶ月に5〜10件程度の成果発生。
  • 100〜200記事:アクセスも成果もだんだん増加してくる。
  • 200記事〜:100記事ごとくらいにアクセス・成果ともに増加してくる。

この結果を見ると、最低でも100記事は書いた方がいいことがわかると思います。

わたしは500記事入ってるブログが、今もずっと稼いできてくれています。ペラサイトと言われるサイト(1〜10記事程度のサイト)も作ったことがありますが、わたしはボリュームのある資産サイトを作る方が好きなので、今はこのやり方にしています。

これからのSEOの傾向を考えても、外部リンクをバンバン貼って上げるよりも(もちろん外部リンクの力は今も有効だと思いますが)、コンテンツをしっかり作り上げた資産サイトの方が長生きすると思います。

ロングテールキーワードでいろいろなところからアクセスを集めつつ、キラーページと呼ばれるコンバージョン(成果)を上げるためのページもしっかり作って、定期的にある程度の成果が上がるブログ・サイトを作っていってください😆

ただ、やり方は人それぞれです。わたしは資産サイトを作るやり方の方が合っていますが、アフィリエイトのやり方はいろいろだということを忘れないでくださいね。

ゴールの記事数をイメージして可視化するのがおすすめ

ゴールとなる記事数は、最初に決めて可視化しておくのがおすすめです。詳しくは以下の記事をどうぞ!

icon-arrow-circle-right タイトル決めと下書き追加でゴールまでの道筋を可視化する

「このくらいの規模のサイトを作るぞ!」と最初に決めて可視化しておけば、モチベーションの低下を防ぐことができます。

繰り返しますが、記事数はあくまでも目安であり、人によって合うやり方やサイトの規模は変わってきます。人の情報は参考程度にして、自分のやり方を確立していってください!

 

ABOUT

ブロガー・アフィリエイターとして活動中の25歳。東京都に住むフリーランス。
2014年にアフィリエイトを始め、2016年に独立しました。アフィリエイトの素敵さ、楽しさを伝えたくてこのブログを始めました(ノ)^ω^(ヾ)
好きなことをして楽しく生きていきたいです。
詳しいプロフィールはこちら